過払い請求なら滋賀県守山市の東出司法書士事務所

東出司法書士事務所


過払い
 HOME > 過払い請求

 過払い金
過払い請求過払い金返還請求
 
  消費者金融等に払い過ぎた利息部分のお金を返してもらうよう請求する手続きの
  ことです。

  
現在、借入れと返済を繰り返していて、その期間が5年から7年以上の方に
  ついては、『過払い金』が発生している可能性があります。
この『過払い金』
  とは、本来、債務として弁済する必要がないのに払ってしまった利息部分のことで
  あり、ご自身にとって元々自由なお金ということになります。
  ですが、そういった場合であっても
消費者金融等から自らすすんで『過払い金』
  を返してくれるようなことはありません。ご自身の権利として『過払い金』を
  回収したい場合は消費者金融等に請求していく必要があります。

  もっとも、ある一定の要件を盾にしたり、経営状況に託けたりしてなかなか
  交渉に応じてくれない業者も存在します。
  したがって、
過払い金回収のために粘り強く交渉し、それでも応じないようで
  あれば、訴訟も辞さない決意で臨む必要があります。

  まずは心当たりのある方は、今までの取引明細等をもとに
  計算し直して、ご自身の分について、過払い状態であるか
  どうか確認しておくことをおすすめします。
  
このような『過払い金』がいくら発生するかお知りに
  なりたい方は当事務所においても診断させていただきます
  ので、お気軽にお問い合わせください。
 

  なお、『過払い金』が発生するのは、次に説明する『グレーゾーン金利』の存在が
  原因であったということができます。
  
グレーゾーン金利
  
上限金利を定めている法律に利息制限法があります。
  貸金の利息について、元本に応じて年15%〜年20%を上限利率と定め、
  これらを超えた利息の支払いは無効だとしています。

  しかし、消費者金融等の多くはこれらをはるかに超える金利を設定して貸金業を
  営んできました。

  ではどうしてこれら違法な金利がまかり通ってきたのでしょうか。
  実は、『利息制限法』とは異なる上限利率を定めた法律として『出資法』
  存在し、これとの関係が原因であったといえます。


  平成22年6月18日の改正法施行前までは、出資法の上限金利は
  年29.2%とされていました。
 『利息制限法
とは異なり、超過した金利は刑事罰の対象になると定めている
  
ことから、『利息制限法』の上限利率(年15%〜年20%)を超えても
 『出資法』の上限利率(年29.2%)の範囲内で金利を設定するように
  してきたのです。この領域の金利がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

  多くの消費者金融は、民事上無効であっても刑事罰を受けなければ良しと
  するやり方で出資法の上限金利(年29.2%)に限りなく近い金利を
  設定して利益を上げてきたといえます。

  もっとも、改正法施行前までは、貸金業法で一定の厳格な要件(みなし弁済)
  を満たしていればこれらの金利も有効だ
としていました。
  これを理由に、超過利息の支払いが有効であり、過払い金は発生しない、と
  反論する消費者金融も後を絶たなくなったわけですが、こういった主張が
  認められない判例が相次いだことで、過払い金返還請求に拍車がかかりました。
  
  
なお、平成22年6月18日の法改正施行により、『出資法』の上限金利は
  年20%となりグレーゾーン金利は撤廃されることになりました。

       
   グレーゾーン金利 
過払いQ&A過払いQ&Aのページへ

完済後の過払い金返還のページへ  

過払い金返還請求ご依頼の流れ

 
     当司法書士事務所では、お電話、ファックス、メールにおいても事前に受付をしています。
     お伺いさせていただくことも可能です。お気軽にお問い合わせください。
     悩むよりまずはご相談をおすすめします。

                          
 
     残債務の額、借入先、いつからの借り入れか、などについておうかがいします。
     契約書、取引の履歴の記録された書類などがありましたらご持参ください。
     
     
 
     司法書士が債権者に受任をした旨(取引履歴の開示請求を含む)の通知文を送ります。

 
 
     債権者が開示した取引履歴に基づいて過払いがいくら発生しているか、当司法書士事務所に
     おいて計算をします。

 
 
     計算の結果、過払い金が発生している場合、司法書士が消費者金融等に過払い金について
     返還請求をします。
     なお、これら請求については司法書士が行うことから、ご依頼者の方が消費者金融と
     やりとりすることは基本的にありません。

     
 
     交渉を開始してからの経過報告とともに、今後の請求交渉の方向性を打ち合わせさせて
     いただきます。
     例えば、訴訟をするかどうかなどを決めていきます。

     
 
     交渉をしてもご希望どおりの結果が得られない場合、裁判をすることは有効な手段となり
     ます。

   
 
     裁判を得ずに和解をするケース、裁判をしているが任意に裁判外で和解をするケースなどは
     消費者金融等と和解契約書を交わすことになります。   
     裁判で和解をするケースでは和解調書が発行されます。
     裁判で判決がでるケースでは判決書が発行されます。

      
   
 
     消費者金融等と和解等した過払い金が、口座に振り込まれます。


   過払い請求 定額報酬(1社につき)20,0000円(税抜き)(分割払い可)

          成功報酬 返還された過払い金×20%(税抜き)
         【過払い訴訟の報酬込み】
 
   借金を完済された分の、過払い金返還請求の定額報酬は不要です。

                                                債務整理のページへ 
トップページへ
 司法書士 東出純治

 無料相談

  債務整理
    借金問題
    多重債務
    過払い請求
    完済後の過払い請求
     過払いQ&A
   任意整理
    自己破産
     自己破産Q&A
    個人再生

  相 続
    相続放棄
     相続放棄Q&A
    限定承認
    相続登記
     相続登記Q&A
    遺産分割
    遺 言
   失踪宣告

   相続の基礎知識

  不動産登記
    所有権保存登記
    所有権移転登記
    抵当権設定登記
    抵当権抹消登記

  会社法務・登記
    会社設立
    役員変更
    商号・目的変更
    本店移転
    有限会社 から株式会社へ
    募集株式発行
    解散・清算

  成年後見

  訴訟関連

  帰化申請