会社解散・廃業なら滋賀県守山市の東出司法書士事務所

東出司法書士事務所


会社解散
 HOME > 会社法務・登記 > 会社解散・廃業

 解散清算
   株式会社などの会社が廃業をする場合、法務局で会社の『解散登記』をする
   ことになります。
   もっとも、『解散登記』をしただけでは、会社は消滅しません。
   解散すると、原則として営業活動ができなくなるものの、清算手続が終了する
   まで同一の法人格として存続することになります。
   会社は清算手続が終了して、『清算結了登記』をした時点で、登記上から消滅
   することになります。
解散登記清算人登記清算結了登記ご依頼の流れ
 
     当司法書士事務所では、お電話、ファックス、メールにおいても事前に受付をしています。
     その後、当司法書士事務所にお越しいただくか、司法書士がお伺いした際に、現時点での
     会社の定款や登記事項の内容、会社の保有しているプラス財産・マイナス財産の状況、
     会社を廃業する予定日等をお伺いし、今後、会社を閉鎖するために必要となる登記手続に
     ついてご説明いたします。


     
 
     株主総会の特別決議により、会社の解散について承認を得ます。同時に株主総
     会で、清算人の選任決議をすることもできます。
     なお、現在の取締役・代表取締役がそのまま清算人・代表清算人に就任する場
     合は、清算人の選任決議は不要です。

     
 
     『解散登記』、『清算人登記』について必要となる書類を作成します。一方で、
     解散後、会社の債権者に対して自らの債権を申し出るよう2ヶ月以上の期間を
     定め、官報公告をするための準備をします。知れている債権者には別途、通知
     催告も必要です。

 
 
      必要書類をお預かりし、司法書士が法務局に登記申請をします。           
      通常、解散登記と清算人選任、就任登記は同時にすることになります。


 
 
     解散後、会社は清算手続に入ります。清算人の仕事として、まだ終わっていな
     い事務処理、債権の取立て、債務の弁済(原則、官報公告期間経過後)、残っ
     た財産の株主への分配をすることになります。

     
 
     清算手続等について決算報告を株主総会に提出し、承認を得ます。この承認に
     ついては、普通決議の承認を受けることになります。


     
 
      『清算結了』に関する登記について必要書類を作成します。

     
 
     清算結了について司法書士が登記申請をします。これにより、会社登記は閉鎖されること
     になります。
     なお、会社解散後、官報公告(2ヶ月以上の期間)をするため、会社解散の日
     から2ヶ月以内に清算結了の登記はできません。


                                            会社法務・登記のページへ
トップページへ
 司法書士 東出純治

 無料相談

  債務整理
    借金問題
    多重債務
    過払い請求
    完済後の過払い請求
     過払いQ&A
    任意整理
    自己破産
     自己破産Q&A
    個人再生

  相 続
    相続放棄
     相続放棄Q&A
    限定承認
    相続登記
     相続登記Q&A
    遺産分割
    遺 言
   失踪宣告
   相続の基礎知識

  不動産登記
    所有権保存登記
    所有権移転登記
    抵当権設定登記
    抵当権抹消登記

  会社法務・登記
    会社設立
    役員変更
    商号・目的変更
    本店移転
    有限会社 から株式会社へ
    募集株式発行
    解散・清算

  成年後見

  訴訟関連

  帰化申請