滋賀県守山市の相続登記については東出司法書士事務所へ

東出司法書士事務所 相続手続


相続
  HOME > 相続登記

 遺産相続手続
   ご親族が亡くなると、様々な手続きが必要になってきます。
   相続の手続きにかかわる機会が今までになくて、戸惑いを感じている方は、
   まず以下で示した手続きをご確認ください。
   
相続手続きとして不動産(家や土地)の相続登記や、以下で示した
   
家庭裁判所への相続放棄手続きなどについてお気軽にお問い合わせください。
 相続手続き

  相続放棄   トップページへ
 
   ご家族が亡くなると、葬儀の手配等に追われて悲しんでばかりいられない状態が
   続きます。これらが一段落すると改めて悲しみに浸り、おのずと故人の生前を
   偲ぶようになってくるものではないでしょうか。

   もっとも、遺された者にとっては、故人を想うだけでなく、今後の自らの生活に
   ついても現実に考えていかねばなりません。また、相続人の間で故人の遺産を
   どのように分けるかを決め、具体的な相続手続をすることにもなります。
   例えば、
故人名義の不動産を相続人の誰が引き継ぐかを決め、法務局で相続登記
   をするのもご自身にとって大切な手続きとなります。


   もっとも、いつまでに相続登記をしなければならない
   という決まりはなく、長年放っておいても罰則を受け
   ることはありません。
   ですが、
そのまま放置しておくと後々、面倒なことが
   起こりやすくなります。
    
   たとえば、相続人のうち誰かが亡くなると、相続人の数がいたずらに増えて、
   相続人全員による署名捺印が困難となり、結果として相続登記ができなくなる
   おそれがあります。

   
また相続登記を済ませていない状態では、事実上、当該不動産を売却することも
   金融機関からお金を借り入れて当該不動産に抵当権を設定することもできません。
   
早めに済ませておけば、スムーズに手続きができたところを、タイミングが
   合わず、
これらの機会を逃してしまうことにもなりかねません。

   
時間が経てば経つほどそういったリスクが大きくなることから、できるだけ
   お早めに相続登記を済ませておくことをお勧めします。


 
  当司法書士事務所では、相続登記のご依頼により、
必要となる戸籍等証明書について、職権により取り寄せを
行っています。
この戸籍等は、随分と昔のものになれば達筆で、同じ日本語
でも読み取りが困難なものもあり、これらを紐解いてすべて
集めていくのは骨のおれる作業となります。
したがって、専門家である司法書士に任せておくのが無難と
いえます。

相続登記ご依頼の流れ相続登記ご依頼の流れ
 
     当司法書士事務所では、お電話、ファックス、メールにおいても事前に受付をしています。
     また、相続登記に関するご質問も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ
     ください。
       
     
 
     市区町村から送付されている固定資産課税明細書などの資料や、権利証を拝見し、
     相続財産である家や土地の概要を確認いたします。
     また、ご事情をお伺いしたうえで、法定相続人のことや、今後の登記手続きの流れについて
     ご説明いたします。


     
 
     司法書士が相続登記に必要となる戸籍等の証明書を職権で各市区町村に交付請求致します。
     取り寄せた戸籍等により、法定相続人について確認をします。
     
     
 
 
     法定相続人の方全員で、それぞれの遺産を誰が承継するのか協議して、正式に決めて
     いただきます。
     その後、確定した協議内容について当司法書士事務所が遺産分割協議書を作成します。


   
 
     法定相続人である全ての方に、遺産分割協議書に署名・押印(実印)していただきます。
     印鑑登録証明書を各1通ご用意いただきます。

   
 
     当司法書士事務所において、オンライン申請をします。
     

   
 
     登記が完了した時点で、登記識別情報(従来でいう権利証)や登記完了証、
     相続関係説明図などを、お渡しさせていただきます。
  

   相続登記一式 (司法書士報酬)40,000円(税抜き)〜 + 実費

   ●例えば、土地1筆・建物1棟、法定相続人が配偶者と子2人の場合は
      ⇒(報酬)50,000円(税抜き) + 実費
    相続登記に関するご相談・登記事項調査・戸籍等の収集等一切を含んでいます。

過払いQ&A相続登記Q&Aのページへ

                                不動産登記のページへ
トップページへ
 遺産分割
  ■遺産分割協議
   故人の遺した個々の財産について、具体的に誰が何を引き継ぐのかを話し合いで
   決めることをいいます。
  
 ●遺産分割の当事者 ⇒ 相続人・包括受遺者・相続分譲受人等です。
 ●相続人中、判断能力が十分でない方がいる場合⇒成年後見人を家庭裁判所で選任
 ●相続人中、未成年者とその親権者がいる場合⇒特別代理人を家庭裁判所で選任
 ●相続人中、行方不明の方がいる場合⇒不在者財産管理人を家庭裁判所で選任

  ■遺産分割の方法
   @現物分割 A代償分割 B換価分割 C共有 などがあります。    

   当司法書士事務所においては、相続登記を視野に入れて、相続人の間で成立した
   遺産分割協議について、遺産分割協議書の作成委託を受けています。
   遺産分割協議書自体、これでなければならないという様式が存在するわけではない
   ですが、相続登記のことを考えると登記のプロフェッショナルである司法書士に
   ご依頼されることをお勧めします。


   遺産分割協議書作成 司法書士報酬 10,000円(税抜き)〜 + 実費

トップページへ

 
  家や土地について、相続などにより名義を書き換える場合、これら不動産登記の
  手続きは法務局(登記所)ですることになっています。
  具体的には、それぞれの不動産の所在地について、決められた管轄法務局(登記所)
  に登記手続きをすることになります。
  滋賀県内にある不動産についての管轄法務局(登記所)は次のとおりです。

 
 不動産の所在地  管轄法務局
 大津市
 草津市
 守山市 
 
大津地方法務局   滋賀県大津市京町三丁目1番1号
 甲賀市
 湖南市
 甲賀支局  滋賀県甲賀市水口町水口
         5655番地
 東近江市
 近江八幡
 蒲生郡日野町
 蒲生郡竜王町

東近江出張所   滋賀県東近江市八日市緑町
         8番17号
 彦根市
 犬上郡豊郷町
 犬上郡甲良町
 犬上郡多賀町

 愛荘町 
彦根支局    滋賀県彦根市西今町58番地3
 長浜市
 米原市
 
長浜支局    滋賀県長浜市八幡東町
         253番地4
 高島市 高島出張所   滋賀県高島市今津町住吉一丁目
         3番地1
                                         管轄法務局一覧へ
トップページへ
 司法書士 東出純治

 無料相談

  債務整理
    借金問題
    多重債務
    過払い請求
    完済後の過払い請求
     過払いQ&A
    任意整理
   自己破産
     自己破産Q&A
    個人再生

  相 続
    相続放棄
     相続放棄Q&A
    限定承認
    相続登記
     相続登記Q&A
    遺産分割
    遺 言
   失踪宣告
   相続の基礎知識

  不動産登記
    所有権保存登記
    所有権移転登記
    抵当権設定登記
    抵当権抹消登記

  会社法務・登記
    会社設立
    役員変更
    商号・目的変更
    本店移転
    有限会社 から株式会社へ
    募集株式発行
    解散・清算

  成年後見

  訴訟関連

  帰化申請