相続放棄なら滋賀県守山市の東出司法書士事務所

東出司法書士事務所 相続手続


相続放棄
  HOME > 相続放棄

 
   相続が開始すると、不動産、預貯金、有価証券などのプラスの財産だけでなく、
   借金などのマイナスの財産についても相続人として引き継ぐことになります。
   亡くなった方に多額の借金がある場合などは、相続人にとって深刻な問題です。
   では、どうすればそういった状況から逃れることができるのでしょうか。

   ひとつに相続放棄という手続があります。
   これは
亡くなった方のプラス財産・マイナス財産の一切を引き継がないとする
   手続です。

   家庭裁判所に対して、原則として自己のために相続が開始したことを知ってから
   3ヶ月の期間内に、申述書を提出
して行います。
   相続放棄の申述が受理されると、相続開始時にさかのぼり相続人ではなくなる
   ので、遺産分割協議に参加する必要もなければ、借金等の負債を返済する必要
   もないということになります。
   相続放棄の手続は、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合や、
   遺産争いに巻き込まれたくない場合等に利用することになると考えられます。

   以上が相続放棄の概要ですが、すでに述べたように
   原則として3ヶ月という期間内にする必要があります。
   これを長いとみるか短いとみるかですが、遺産の調査、
   相続人の確定、家庭裁判所への提出書類の準備などを
   考えると、とても余裕を持てる期間とは思えません。
 
 
   相続放棄をお考えの方は、スケジュール管理をして行動する必要があるといえる
   でしょう。


相続放棄に関するQ&Aのページへ
 
 












 ここまでのことをご理解いただいて、相続人として相続放棄を
 検討された結果、今から手続の準備をしても、とても間に合わ
 ないと半ばあきらめている方もいるのではないでしょうか。 

 しかし、そういった方も完全にあきらめる前に確認していた
 だきたいことがあります。
 そもそも相続放棄ができる3ヶ月の期間の起算点がいつである
 のかということです。
 『自己のために相続が開始した時点』ではなく、『
自己のため
 に相続が開始したことを知った時点
』であるということです。
 故人が亡くなったという事実をすぐに知るよしもない相続人で
 あれば、3ヶ月の起算点は相続開始時からある程度経った時点と
 いうことになるでしょう。
 さらに戸籍等の記載の誤りによって、ご自身が相続人となった
 ことを認識していない状態であれば、いまだ起算されていない
 ということもありえます。

 また、例えば、相続財産が複雑であったり、遠隔地にばらばらに
 なっていたりして、3ヶ月という期間では、調査が不十分である
 ことから、相続を承認するか、放棄するかの判断が困難な場合も
 あります。
 そのような特別な事情がある場合は、3ヶ月の期間を延長してもら
 うように家庭裁判所に申し立てることもできます。
 

 非常に悩ましいケースが多いのは事実ですが、あきらめる前に
 専門家の意見を聞くことをおすすめします。
 いずれにしても、相続放棄をするのに悠長にかまえている時間的
 余裕はないと言えるでしょう。

 当司法書士事務所では、相続放棄をお考えの方のために迅速に
 対応するよう心がけております。
 まずは、お気軽にお問い合わせください。


                          
ご依頼の流れ 【相続放棄
 
     当司法書士事務所では、お電話、ファックス、メールにおいても事前に受付をしています。
     お気軽にお問い合わせください。

     
 
     当司法書士事務所にお越しいただくか、司法書士がお伺いすることによって、
     相続放棄申述書作成について、正式にご依頼を受けることになります。
  

     
 
     ご依頼の方にご用意いただく書類をお伝えします。
     当司法書士事務所において相続放棄に必要となる戸籍等の証明書を集めることも可能です。

 
 
     当司法書士事務所において、相続放棄申述書を作成します。

 
 
     ご依頼者にご確認のうえ、署名押印をしていただきます。

     
 
     相続放棄の申述は、相続開始を知った時から原則として3ヶ月以内に行わなけれ
     ばなりません。相続財産の調査や必要書類の取り寄せ等にかかる時間を考えると、
     スムーズに手続を 行うことが必至となります。

     
 
     家庭裁判所から、相続開始を知った時期や、相続放棄の理由などに関する照会書が
     送付されます。ご依頼者において必要事項を記入して家庭裁判所に返信します。

     
 
     家庭裁判所で相続放棄受理通知書が発行されます。


  
司法書士報酬(お一人)30,000円(税抜き) + 実費 
           お二人目から 一人ごと 20,000円(税抜き) + 実費
      ●相続放棄の申述が受理されない場合、報酬について全額返還させて
       いただきます。

 
 

 『親の財産を放棄した』という表現を耳にすることが
 あります。
 遺産分割協議の際、相続人として一切の財産を放棄する
 ことに合意しただけでは、マイナスの財産(借金など)
 について債権者に放棄を主張できません。
 この場合、家庭裁判所に上記で説明したとおり相続放棄
 の申述をして、それが受理されない限り、法定相続分の
 割合でマイナス財産(借金など)を引き継ぐことになり
 ます。

                                               相続登記のページへ
 相続 限定承認
   
限定承認は、故人のマイナスの財産について、故人のプラスの財産を限度として、
   負担する旨の相続人の意思表示のことです。

   相続放棄の場合と同じで、
家庭裁判所に対し、手続きをしていくことになります。
   原則として、
相続開始を知った時から3ヶ月以内に相続財産目録を作成し
   申述する
必要があります。
   ただし、相続放棄した者を除く
相続人全員が共同してしなければならないこと
   もあって利用件数が少ないのが現状です。
   限定承認は、故人のプラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのかわからない
   時に利用することが考えられます。


   司法書士報酬 100,000円(税抜き)〜 + 実費                         
トップページへ
 司法書士 東出純治

 無料相談

  債務整理
    借金問題
    多重債務
    過払い請求
    完済後の過払い請求
     過払いQ&A
    任意整理
    自己破産
     自己破産Q&A
    個人再生

  相 続
    相続放棄
     相続放棄Q&A
     滋賀県の管轄家庭裁判所
    限定承認
    相続登記
     相続登記Q&A
    遺産分割
    遺 言
   失踪宣告
   相続の基礎知識

  不動産登記
    所有権保存登記
    所有権移転登記
    抵当権設定登記
    抵当権抹消登記

  会社法務・登記
    会社設立
    役員変更
    商号・目的変更
    本店移転
    有限会社 から株式会社へ
    募集株式発行
    解散・清算

  成年後見

  訴訟関連

  帰化申請