抵当権抹消なら滋賀県守山市の東出司法書士事務所

東出司法書士事務所


抵当権抹消
 HOME > 不動産登記 > 抵当権抹消登記

 抵当権抹消
   住宅ローンを完済すると、抵当権の抹消登記手続が必要となります。
   登記されている抵当権が、住宅ローン完済と同時に、自動的に抹消されること
   はありません。

   具体的な手続として金融機関から抹消書類を受け取った後、法務局に
   抵当権抹消登記申請
をしていくことになります。
  

   将来的に住宅を売却することになったり、新たに抵当権を設定したりする場合
   などは、古い抵当権が放置されているとスムーズに手続きできないおそれが
   あります。また、金融機関から受け取る抹消書類には、有効期限のあるものも
   あり、お早めの手続をおすすめします。
   
当司法書士事務所にご依頼いただければ迅速に対応いたします。
   まずは、お気軽にお問い合わせください。
 

抵当権抹消登記ご依頼の流れ
 
     当司法書士事務所では、お電話、ファックス、メールにおいても事前に
     受付をしています。
     お気軽にお問い合わせください。

                          
 
     金融機関から受け取られた抵当権抹消書類一式をお預かりし、当司法書士事務所に
     おいて、必要書類を準備します。

     
 
     当司法書士事務所において、法務局へ登記申請をします。

 
 
     登記完了についての書類をお渡しします。  

抵当権抹消登記のほかに必要となる登記について
   抵当権の抹消登記をするために、その前提として他の登記も必要となる場合が
   あります。
例えば、
   住宅の所有者自身が住所移転している場合
 
   結婚等により氏名がかわっている場合
  
   相続が開始している場合、
   こういった場合は、登記申請の件数が複数に及ぶため、手続きがより複雑化します
                               不動産登記のページへ
 トップページへ
 司法書士 東出純治

  債務整理
    借金問題
    多重債務
    過払い請求
    完済後の過払い請求
     過払いQ&A
    任意整理
    自己破産
     自己破産Q&A
    個人再生

  相 続
    相続放棄
     相続放棄Q&A
    限定承認
    相続登記
     相続登記Q&A
    遺産分割
    遺 言
   失踪宣告
   相続の基礎知識

  不動産登記
    所有権保存登記
    所有権移転登記
    抵当権設定登記
    抵当権抹消登記

  会社法務・登記
    会社設立
    役員変更
    商号・目的変更
    本店移転
    有限会社 から株式会社へ
    募集株式発行
    解散・清算

  成年後見

  訴訟関連

  帰化申請